巻き爪 通信

2012年11月26日 月曜日

巻き爪が再発しないように

巻き爪になってしまったら、出来るだけ早く治療をして巻き爪を治していく必要があります。
足の爪が巻き爪になってしまったら、ひどくなると歩くのが困難になってしまいます。

足が痛くなると、毎日の何気ない動きがつらくなってしまいます。
だからこそ、ちゃんと治療をして、毎日の生活が困難になってしまわないように注意する必要があるのです。
しかし、治療をして完治したらおしまいではありません。

再発をしないように、注意する必要があります。東京にある当院では、巻き爪の治療を行っています。
それだけではありません。
治療が終わったものの、カウンセリングも行っています。

今もたくさんの人が、再発しないようにとカウンセリングを行っています。
手術をしても再発することがあります。

巻き爪矯正方法でも、再発する人もいます。
日常生活だったり、手入れの仕方や爪の切り方などによって再発してしまうのです。

それを避けるためにも、しっかりと予防できるように一緒に頑張っていきましょう。

投稿者 有限会社みのわ整骨院

新着情報

一覧を見る

2015/12/17

年末年始の休診のおしらせ
12月29日午後より1月4日まで休診いたします。

2015/12/17

毎週土曜日は午前8:00~13:00 午後2時~5時まで施術を行なっております。
尚、午後はお電話は通じませんので、ご予約は土曜日の午前中までにお願いします。

2014/11/28

11月29日は休診となります。

2014/11/07
アクセス



東京都練馬区高野台5丁目7-3

TEL:
0120-830-925(予約専用ダイヤル) 
03-5393-0925

お問い合わせ 詳しくはこちら